投資 株式 立会外分売

【立会外分売】ヴィッツ(4440)を分析!【7月21日実施】

ヴィッツ(4440)の銘柄情報

【市場】東証マザーズ

【分売発表日】7月13日

※分売発表、決算発表、東証1部昇格の発表がすべて7月13日であった。

【分売発表時株価】2,255円(7月13日終値)

【分売翌日終値】 2,449円

【分売前日株価】   2,218円(7月20日終値)

【分売価格】       2,129円(値引率4.01%)

【申込数量】 1人200株まで(100株単位)

【分売枚数】 160,000枚

【分売前日出来高】183,900枚

【分売理由】 東証1部への市場変更における形式要件を充足

※東証1部への昇格は決定。7月31日付で昇格見込

 

【事業内容】自動車や工作機械に組み込むソフトウェアの開発・販売

【配当】1株あたり4円(利回り0.18%)

【優待】なし

 

【指標】PER約30倍、PBR約5.3倍(やや割高)

【直近の決算発表】7月13日3Qの決算発表

【通期の決算発表の内容】

売上高:2016年8月期~18年8月期まで連続で増加。

2019年8月期は減少。20年は微増の見込。

営業利益:17~19年連続で増収。20年8月期も増収の見込。

経常利益:同上

カグラ

 

分析

 

ヴィッツ(4440)は立会外分売(5月20日)にも立会外分売

が行われました。

前回も今回と同様、ディスカウント率は4.01%でしたが、

始値売りは1株あたり+6円とほぼ利益はでませんでした。

 

ちなみに私も前回のヴィッツ(4440)の立会外分売に

参加しましたが、割当なし。そのあと通常の市場で

購入し、決算発表の1営業日前まで保有していました。

 

前回の分売価格は、1,339円なので、そのときと比べ、

相当株価があがってきています。

 

割引率は高いので、立会外分売に挑戦しても、

利益が出る可能性が高いですが、

決算を見るに売上高に伸びがなくなってきており、

現在の株価自体、多少過熱感があります。

 

また、指標が割高で材料が割と出尽くしており、

分売後、株価が伸びる要素に乏しい印象があるので、

長期保有する場合は要注意だとみています。

カグラ

 

サクラ
私のスタンスとしては参加の方向です。

ただ、保有していた時は結構値動きは激しかったので、

早めに手放したいと思っています。




-投資, 株式, 立会外分売
-, ,

Copyright© 70kg台!肥満妊婦ゆゆんこのイラストブログ , 2021 All Rights Reserved.