投資 月次分析

【株式投資】飲食業の4月月次発表をまとめてみました

 

カイ
コロナの影響で4月月次

がどうなったか知りたいニャ~

調べてみましょう!
カグラ

 

4月月次について

①名称、②コード、③前年同月比全店売上高(%)の順に記載します

 

5月1日公表

松屋フーズHD、9887、78.6%(速報値)

 

5月2日公表

プレナス、9945、96.5%(ほっともっと)、51.9%(やよい軒)

 

5月7日公表

スシロー、3563、58%

マクドナルド、2702、106.7%

アークランド(かつや)、3085、93.3%

サイゼリヤ、7581、33%

 

5月8日公表

すかいらーく、3197、42.8%

トリドールHD、3397、47.6%

カッパ・クリエイト(かっぱ寿司)、7421、48.5%

くら寿司、2695、54.7%

ゼンショーHD、7550、87.6% ※すき家のみの月次

トリドールHD(丸亀製麺)、3397、47.6%

 

公表日不明

吉野家、9861、96%

 

その他

・8153 モスフードサービス(モスバーガー)は本日時点で4月月次公表していないが、

5月8日に2019 年4月1日~2020 年3月 31 日の業績予想を下方修正している

・9873 日本KFC(ケンタッキー)も本日時点で4月月次未公表

 

株価への影響は…?

スシロー、サイゼリヤなど、5月7日以前に月次報告があり、

売上を大きく減らした銘柄も、5月8日(金)の株価は下がっていませんでした。

コロナの影響はすでに織り込み済みだったのかもしれません。

 

まとめ

飲食業の4月月次報告をまとめてみました。

こうして並べてみると、テイクアウトになじみがなかった銘柄は大きく売上を下げ、

抵抗の少なかった銘柄はそこまで影響を受けていないようです。

ある程度予想していましたが、数値化するとけっこう厳しい銘柄もありそうです。

経済活動再開の機運が高まっていますし、今後の売上回復に期待したいです。




-投資, 月次分析
-, ,

Copyright© 息子はビッグベビー!ドタバタ育児奮闘日記 , 2021 All Rights Reserved.