【猫初心者におすすめ】猫の年齢別!エサの種類・量・費用について【注意すること】

猫を飼おうと思ってるけどどんな餌を上げたらいいの?

大体いくらくらいかかる?

気を付けた方が良い事とかあるの?

 

実際に3匹猫を飼っています。

こういった疑問を経験を元にお答えします。

 

餌の種類・費用

①年齢に応じたエサの種類・費用

②その他気を付けた方が良い事

 

年齢に応じたエサの種類・費用

生後4週間まで

粉ミルクと液状ミルクの2種類があります。

粉ミルクは安価で作れますが、温度や粉がだまにならないように気を付ける必要があります。

液状ミルクは気にせず与える事が出来ますがお値段は粉ミルクよりも高めです。

粉ミルクは大体100gあたり600~1200円位になります。

 

慣れれば簡単に作れますので私は粉ミルクをおすすめします。

また、粉ミルクを飲ませるために子猫用の哺乳瓶が必要です。

哺乳瓶は大体1000円前後です。

 

粉ミルクの作り方

作り方は規定量の粉ミルクとお湯を入れ、だまにならないようによく振って溶かします。
温度は母乳と同じ38度程度を目安にしてください。

 

私はこちらの粉ミルクで育てました!

 

ワンラック (ONE LAC) プレミアムキャットミルク 150g

 

他の粉ミルクよりも飲みっぷりが良く、順調に育ってくれた実体験があります。

哺乳瓶はこの商品が飲ませやすかったです。

 

森乳サンワールド 哺乳器細口乳首 スペア付き

 

飲み口を少し切って飲みやすさを調整してました。

 

生後4週間~

 

猫用のキャットフードと、この頃からお水も準備します。

最初の頃はお湯でふやかして、スプーン等で食べやすくほぐして

ウェットフードにして食べさせてください。

子猫用のキャットフードは大体100gあたり40~180円位です。

 

私はこちらの子猫用キャットフードを食べさせてました。

 

カルカン ドライ 12か月までの子ねこ用

かつおと野菜味ミルク粒入り 1.6kg 

 

食事の回数は1日4~5回です。量は猫の体重によって変動します。

生後3か月から少しずつ頃合いを見ながらドライフードに切り替えていきます。

 

生後1年~

 

成猫用キャットフードと水になります。朝夕の1日2~3回食事を与えましょう。

成猫用のキャットフードは大体100gあたり40~120円位です。

 

私はこちらの成猫用キャットフードを食べさせてました。

 

カルカン ドライ 成猫用 まぐろと野菜味 1.6kg

 

生後7年~

 

老猫用キャットフードと水になります。1日4~5回くらいに分けて与えます。

老猫用のキャットフードは大体100gあたり70~180円位です。

 

私はこちらの老猫用キャットフードを食べさせる予定です。

 

カルカン ドライ 高齢猫 11歳から用 毛玉ケア

かつおとチキン味 1.6kg  

 

何故この商品かというと、家の猫カルカン製品以外のドライフードを

あんまり食べてくれないんです(;^_^A

 

食欲がなくなる猫もいるのでドライフードの種類を変えてみるとか

ウエットフードにしてみる等いろいろ工夫してみましょう。

 

おやつも考えると大体猫の年間の食事費用は

大体50,000円前後位になると思います。

 

他に気を付けることはある?

食器は家にある食器でも良いの?

猫用の食器がおすすめですが家にある食器でも大丈夫です。

軽い素材の物はひっくり返りやすいので陶器がおすすめ。

※食器用洗剤はにおいがないタイプの物でしっかり洗い流してください。

 

おすすめの食器は?

AOOTK ペット食器台 ペットボウルスタンドセット (クラシックスタイル)

首や腰に負担が少ない高さがあるタイプは食べやすくおすすめです。

 

キンペックスインターナショナル ネオシンプルオアシス

ケージなどに取り付けるタイプでおすすめです。

水が猫の毛やほこりなどで汚れず、安全に飲む事が出来ます。

 

 

食事の量に関しては、大抵の場合購入したフード商品に書いてありますので、

そちらを参考にするのも良いと思います。

それでは素敵な猫ライフを!




-
-,

Copyright© 70kg台!肥満妊婦ゆゆんこのイラストブログ , 2021 All Rights Reserved.